MENU

自動車ローンの借入先を選ぶ場合の注意点とは!

自動車ローンの借入先には下記の金融機関があります。

 

・非銀行系金融機関(JA・労金など)の自動車ローン
・銀行の自動車ローン
・ディーラーローン
・ネット銀行のカードローン
・消費者金融のフリーローン

 

一般的には上から順番に低金利でローンサービスを提供している傾向にあります。

 

JA(農協)や労金(労働金庫)では自動車ローン金利が年1.7%〜2.7%程度となっています。

 

しかし、ここで注意しないといけないことが2つあります。

 

・組合員かどうかで金利が違う
・別途保証料が必要

 

JAや労金では組合員かどうかで金利が変わってきます。

 

もちろん組合員の方が金利は低くなります。

 

非組合員は金利が上限金利が適用されることが多く、組合員にはなれますが出資金が必要となります。

 

他にも金利以外も保証金が借入金の0.7%〜1.5%ほど別途必要になります。

 

保証金とは、個人保証を設定しない代わりに保証会社に保証を代行してもらう際に必要な費用のことです。

 

返済額は表示されている金利に保証料を上乗せして計算することになります。

 

そうすると結果的に3%前後の金利となってしまいます。

 

それでも安い金利なのですが、勤務地か住所が営業所の管轄エリアにあることなどの規定もあるので、自分が対象となるかどうかを事前にチェックしておきましょう。

 

また、申し込みや手続きは営業時間内に行かないといけないので、平日の9時〜15時の間で来店する必要があります。

 

平日にお勤めの方は、お昼休憩中に行くか有給を取るなどして申し込みにいくことになるのもデメリットです。

 

 

一方で人気なのが、来店不要でWEB申し込みができる銀行系の自動車ローンです。

 

銀行系自動車ローンのWEB申し込みは、店頭よりも金利が安く設定されているケースが多くメリットが大きいローンサービスといえます。

 

金利が安くて来店不要で申し込みから手続きまで完結できる銀行系自動車ローンは下記になります。

 

 

来店不要でWEB申し込みができる銀行系の自動車ローン

1,常用銀行:常陽マイカーローン「JOYO車」
・金 利 :年2.7%(保証料込み)
・限度額 :10万円以上500万円以内(1万円単位)
・WEB申込 :来店不要
・特 徴 :公式サイトから「インターネット仮審査」が可能
★詳細はコチラから>>

 

銀行系自動車ローンとしては珍しい「まずは5秒診断」や「今すぐ仮審査申込」が公式サイトから利用できます。

 

審査落ちするかどうか心配な人にとって、いきない本申し込みの場合は「審査落ち」の不安があります。

 

審査落ちしてしまうと、信用調査機関のデータに「審査落ち」という実績が残ってしまいます。

 

そうなると他の金融機関にローンを申し込んだ際に不利に働く場合もあるから注意が必要です。

 

その点、常陽マイカーローン「JOYO車」なら仮審査が受けられるので、その時点で審査落ちしてもデータは残りません。

 

金利も安いし保証料も込みなので、一番オススメな自動車ローン案件です。

 

しかし、一つだけ注意することがあります。

 

それは、借り入れできる対象エリアが決まっていることです。

 

下記の対象エリアに住んでいるか働いていることが、貸付条件となりますので事前にご確認下さい。

 

常陽銀行営業エリア

 

 

エリア内にお住いか勤務地がある方には一番オススメの自動車ローンですから、一度公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

次は全国対応でオススメのWEB完結できる自動車ローンです。

 

2,三菱東京UFJ銀行【ネットDEマイカーローン】
・金 利 :年2.975%(保証料込み)
・限度額 :最大500万円まで
・WEB申込 :来店不要
★詳細はコチラから>>

 

 

2,住信SBIネット銀行【Mr.自動車ローン】
・金 利 :年1.775%〜3.975%(別途事務手数料2.16%)
・限度額 :10万円〜1,000万円
・WEB申込 :来店不要
・キャンペーン:所定条件を満たせば金利が最大1.0%引下げ
★詳細はコチラから>>

 

自動車ローンの金利比較をする場合には、対象となる借入れ先がたくさんあります。一例をあげるだけでも、銀行系ローン、自動車メーカーローン、ディーラーローン、ネットバンクローン、非銀行系ローン、フリーローンなどたくさんあります。それぞれの金融機関でそれぞれの特徴があるので、基本的には借りることができる金融機関の中で最も金利が安いローンサービスを選ぶことが良い選択だと思います。例えば日立キャピタルや損保ジャパンのように銀行系でない金融機関が自動車ローンサービスを提供しています。この2社は低金利で人気のですが、年収条件などそれがに厳しい審査基準があるので自分の信用力が高いかどうかを必ず事前に確認してから申し込みをしください。三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行・りそな銀行など大手都銀の自動車ローンも金利は3%から5%と比較できやすいと言える部類に入ります。ちなみに郵貯銀行もフリーローンでオートローンが設定されていますが、こちらはスルガ銀行が代理業として入っているのでスルガ銀行のローンを借りることになります。審査基準は比較的厳しいので、年収や勤続年数など信用力が必要なります。ただ、保証人などの設定をすれ審査基準を満たしていなくても借り入れできる可能性もありますので、どうしても銀行から借り入れをする場合は保証人の設定が可能かどうかを確認してください。自動車メーカーローンは、トヨタや日産・HONDAなどの系列のファイナンス会社が提供するローンサービスです。こちらは銀行系ローンよりも審査を通りやすいかもしれませんが、今では少し高くなる傾向にあります。同じようなローンサービスとしてディーラーローンもあります。これは自動車ディーラーが提携している信販会社のクレジットローンです。オリコやアトラスなどが有名ですが、審査については過去に返済トラブルなどがない限りは通過しやすいローンサービスです。その分金利も6%から10%程度と高くなりますが、借入のしやすさと手続きをディーラー任せにできるのがメリットです。ただし、車の所有権はローンの返済が終わるまではディーラーに設定されるので、自分の所有物として車を持っておきたい人はディーラーローン以外を選ぶようにしましょう。自動車ローンの金利比較をする場合は、自分が借りることができるかどうかということも考えながらローンサービスの内容(金利など)を比較して決めるようにしましょう。マイカーローンの金利についてはこちらのサイト(低金利マイカーローン)が参考になります。
更新履歴